本文へスキップ

高知のファイナンシャルプランナー(FP)は石川智

高知のFP〜ファイナンシャルプランナーの石川智が
わかりやすく保険の見直し、住宅ローンのアドバイス

保険相談であなたの「もやもや」は晴れます

生命保険のことを、専門家として、お話しましょう!

世帯加入率が90%と言われている生命保険ですが、ほとんどの人が
「なんとなく」
「勧められるままに」
「みんなが加入していると説明された」
内容でご契約しています。

お支払いの保険代、あなたは、納得して払われていますか?

家の次に高価な買い物に、あなたは「無頓着」でいいですか?

もっと「賢く」生命保険に入りたいと思いませんか?


保険料がもっと下がれば、あなたの家計はどうなるでしょう?

あなたは、保険貧乏になっていませんか?

あなたは、保険料を支払うために働いていませんよね?

お子さんや、奥さんや、彼女や、彼氏や、自分自身のためにお金を使いたいのに、保険料が邪魔だなぁ、と思い始めていませんか?

そういう方のために、有料の保険相談があります。

「保険に加入しないのに、保険相談なんてお願いしにくいなぁ」

なんて気を遣わないでいいんです。

そのための有料相談です。

私は単純に「あなたが保険で損しないようなアドバイス」をするだけです。

その結果、あなたは保険を見直して、加入するかもしれませんし、現状のまま続けるかもしれません。

私がする保険相談は、
「FPとしての専門知識」
「あなたの現在〜将来のライフプラン」
を考慮してのアドバイスとなります。

また、日本中のご相談をお受けする「セカンドオピニオンサービス」もしています。

さぁ、少しだけ積極的になりませんか?

「保険加入を前提としない」保険相談を受けてみませんか?

保険の設計は、自由自在にできます
あなたに最適な保障のカタチ、ご存知ですか?


保険相談はこちらの特設サイトから

プロの保険相談で、あなたが手に入れることができることは?


  1. どんな保障に今入っているかが、明確になります
  2. つまり、毎月お支払いになる保険料の内訳に気付きます
  3. そこから、自分の家族構成やライフプランから考えて、どんな保障があれば良いかが、自然と明確になります
  4. その結果、今の保険を続けたほうが、自分にとってプラスか、見直したほうがプラスかを、ご自身で判断できます
  5. そして、自分にとってベストな保障を、最適な保険料で作り上げる事ができ、ご納得の上に、保険料を払うことができます

今まで完全に受身だったあなたは、自分の意思で、自分や家族のために保険に加入ですることになるでしょう

その結果、例えば保険料が毎月5,000円浮いたら、あなたはどうしますか?


保険料が毎月5,000円浮いたら、一年間で60,000円があなたの自由なお金になります。

この状態を10年間続けると、なんと、60万円が出来上がります。

あなたはこの60万円のために、必要以上に働いたわけでも、外食の回数を減らしたわけでも、小遣いを毎月カットされたわけでもありません。

保険相談を受けて、保険料を無事カットできただけです。

今まで気にもしていなかった「大事な事」に目を向けただけです。

みんなが5,000円保険料が下がるかどうかわかりませんが、試してみる価値はあります。

有料の保険相談でも、あなたが、そのサービス料金以上にトクをするかもしれないからです。



ご参考までに、世代ごとの、「必要な保障」の考え方を書いておきます。

年代  生命保険での準備の考えた方・目安の保険料 
 就職後
独身時代
この世代は生命保険で準備すべきリスクも少ないです。
強いてあげるならば、定期タイプや終身タイプでお手ごろな医療保険を準備すればいいと思います。
親御さんが加入させている保険もあると思いますので、確認をしましょう。

目安の保険料2000円ほど
 結婚して子供が生まれた世代
子供が生まれると、ご遺族のための保障が必要になりますが、社会保障制度を加味した保険設計が大事です。
また、住宅購入や教育資金の準備と次々とお金が必要になります。
できるだけ安く保障を組み立てましょう。

目安の保険料12000円から18000円
子供が卒業した
現役世代
50歳を過ぎてくると、定年退職までの期間が「老後資金準備」の最後の勝負の時期になります。
大きな死亡保障も必要なくなり、保険料も大きくダウンできます。
ご自分の医療保険の準備が済んでいない人はこの時には済ませましょう。

目安の保険料10000円以内
現役をリタイアした世代  60歳以降は、余計な保険料負担は経済的に難しくなります。
お葬式代として加入していた終身保険の保険料はできれば定年までに払い終えましょう。
60歳以降に医療保険に入ろうとして「持病」があると保険加入が難しくなります。できれば健康なうちに加入しておきましょう。

目安の保険料5000円以内

保険相談はこちらの特設サイトから