高知市の瀬戸老人クラブで「人生の後半期のお金の話」というテーマで講演をしました

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年6月26日、高知県高知市、瀬戸地区の瀬戸老人クラブに、お招き頂き、

「人生の後半期のお金の話」

というテーマで講演をいたしました。

瀬戸地区、35名ほどの参加者があり、そのほとんどが女性でした。

この講演会は、高知県社会福祉協議会からのご紹介というカタチでしたが、参加者の皆さんの「お金のことを知りたい」「お金を守ることを勉強したい」という想いを感じる事ができる2時間でした。

ファイナンシャルプランナーという仕事の内容から、各年代にとっての「ライフプランとお金の価値観」の違いをご説明して、いかにしてお金を守るか?という流れでお話を進めていきました。

皆さんが興味をもたれたのが、「老齢基礎年金だけで暮らすことの難しさ」「実際のご高齢者からのお金のお悩みの具体例」などでした。

私の基本的な考え方「お金は将来使うために貯めおの」で、「高齢期にどう使うか?」がいわゆる終活ではないでしょうか?というものでしたが「健康面に気をつけないとお金を使うことすらできない」というご意見も飛び出し、なるほどな、と感心しました。

今後の希望の講演会をアンケートでお聞きしましたが、やはり、相続に関することがご希望が多くて、とても参考になりました。

お金の話、老人クラブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください