高知県精神保健福祉士協会さまの定例研修会でファイナンシャルプランナーとしてお話しました

去る8月26日、高知県精神保健福祉士協会の定例研修会で「どうする?お金の使い方?~楽しく考えるライフプランを家計管理~」と題して講師を務めました。

私自身が、地元の社会福祉協議会で「日常生活自立支援事業」での生活支援員をしている関係で、とある総合病院の医療相談室のワーカーさんと知り合いになり、そのご縁で今回の精神保健福祉士の方向けの勉強会をしたというわけです。

日常生活自立支援事業とは国の事業であり「認知症高齢者、知的障害者、精神障害者等のうち判断能力が不十分な方が地域において自立した生活が送れるよう、利用者との契約に基づき、福祉サービスの利用援助等を行うもの」と厚生労働省のHPにもありますが、具体的には上記のような特性の方のご自宅を、定期訪問して「金銭管理をお手伝いしながら、見守りをする」というものです。

そのような福祉サービスに関わることが多いの精神保健福祉士の方に「家計管理の意義」「ライフプランの重要性」を話してほしいというのがご依頼の内容でした。

福祉の分野で「金銭管理」「家計管理」をアドバイスすると、どうしても管理的な手法を用いてしまったり、ご本人の希望や想いを二の次にしてしまい、支援者側の想いに基づいて行動してしまうというのは、ありがちです。

なぜかというと、精神障がいや発達障がいの方とのかかわりの中では、早期にスムーズに問題を解決しようとするあまり、どうしても「管理的」な流れに任せてしまいがちになります。これは支援する側が「結果が出ない」ことに疲弊してしまうことを避けたいということも関係があると思います。

そんな視点から離れるために、私のような「福祉の専門家でない」講師で、しかも福祉分野に明るい「家計やライフプランの専門家」であるファイナンシャルプランナーをご活用いただいたことは意義深いを思う次第であります。

高知県精神保健福祉士協会の熱心な精神保健福祉士の皆さんと過ごした2時間30分が、これからの支援の現場で生かされることを願います。

今後も医療・福祉分野で、ファイナンシャルプランナーとして果たせる役割を研究して、実践していきたいと思いました。

2014年9月 佐川町長寿大学「人生の後半期のお金の話」

 

2014年9月4日「佐川町長寿大学」でお話しました

佐川町に行くには、久しぶりでしたが、とても楽しみにしていました。

高知市を真ん中にして、折り紙を折るように二つ折りにすると、おそらく、佐川町と私がすんでいる「香美市」は同じような位置関係にあるのでは、と勝手に好感を抱いていたのが佐川町でして、そこの社会福祉協議会からのご指名を待つまでもなく、勝手に話しに行こうかな(苦笑)とさえ思っていたのでした。

そりゃ~びっくりしました

高知新聞の論説委員の上野芙由子さんの次の講座が私の担当でしたが、上野さんからも「お元気なお年寄りが多くて驚きました」というお話をお聞きしておりました。

何よりも、会場の健康福祉センターかわせみに掲示されていた「百歳体操」の各地の様子は、驚きに満ちたものだったのです。

何よりもまず驚いたのはそういうことに関わろう積極的になれる「お年寄り」の多さでした。各地区に5名前後の参加者がいて、しかも佐川町内満遍なくグループができているのですから、似たような特性の香美市とは「比べものにならない感」がありました。

そして講演を始めて、更にびっくりしたんです

sakawa

講演が始まる前にすでに驚きまくっていた私ですが、講演がはじまってもっと驚きました。

まずは、こういう企画に積極性をもって参加される町民の「多さ」です。

今回は60名以上のお年寄りが参加されていました。

しかも「お金を払って」参加されているのですよ。

ありがちな有名人を呼ぶだけの「講座」とは全く違う熱気を感じました。

そしてもっと驚いたのは「男性の参加者の多さ」でした。

だいたいこういう企画をしても参加されるのはほぼ女性、というのが一般的です。

しかし、今回の私の受け持ち講座でも10名ほどの男性がいらっしゃったのではと記憶しています。

 

そして楽しく講座をつとめさせていただきました

13時~14時30分の講演の中で「人生の高齢期であっても、お金を楽しく使いましょう」というメッセージをお伝しなければと考えていたのですが、それは、私の勝手な杞憂にすぎませんでした。

何人かの人に「今後どうしたいですか?」と訊いて見ると、明確な「予定」「希望」が聞かれたのです。

これは、高齢な親をもつ子ども世代にとっては、とてもとてもありがたいことです。

歳を重ねても、いつまでも社会性を失わないで欲しい、健康でいて欲しい、そして地域で繋がりあえる仲間を見つけて欲しいというのは子どもが親に求める「終活」の姿でもあります。

「佐川町の皆さんは積極的に学びの場を持つことができているので、安心ですよ」と、ふるさとを離れているお子さんに伝えてあげたい気分になりました。

今後も佐川町で講演してみたいなぁ、と想いました。

 

高知市の瀬戸老人クラブで「人生の後半期のお金の話」というテーマで講演をしました

2014年6月26日、高知県高知市、瀬戸地区の瀬戸老人クラブに、お招き頂き、

「人生の後半期のお金の話」

というテーマで講演をいたしました。

瀬戸地区、35名ほどの参加者があり、そのほとんどが女性でした。

この講演会は、高知県社会福祉協議会からのご紹介というカタチでしたが、参加者の皆さんの「お金のことを知りたい」「お金を守ることを勉強したい」という想いを感じる事ができる2時間でした。

ファイナンシャルプランナーという仕事の内容から、各年代にとっての「ライフプランとお金の価値観」の違いをご説明して、いかにしてお金を守るか?という流れでお話を進めていきました。

皆さんが興味をもたれたのが、「老齢基礎年金だけで暮らすことの難しさ」「実際のご高齢者からのお金のお悩みの具体例」などでした。

私の基本的な考え方「お金は将来使うために貯めおの」で、「高齢期にどう使うか?」がいわゆる終活ではないでしょうか?というものでしたが「健康面に気をつけないとお金を使うことすらできない」というご意見も飛び出し、なるほどな、と感心しました。

今後の希望の講演会をアンケートでお聞きしましたが、やはり、相続に関することがご希望が多くて、とても参考になりました。

お金の話、老人クラブ

障がいのある子どものために、あなたができる準備を考えよう

来る5月15日、高知県香美市土佐山田町のプラザ八王子で、

「障がいのある子どものために、あなたができる準備を考えよう」

という講演会が開催されます。

障がいのあるお子さんがいる親御さんや支援者の皆さんに、専門家として「お伝えしたい事」を3人の講師がお話させていただきます。

第一部は、NPO法人福祉住環境ネットワークこうちの笹岡和泉理事長に「誰もが安心して暮らせるまちを目指して」というテーマでお話しただきます。

NPO法人福祉住環境ネットワークこうち

 

第二部は、今回の講演会の共催をしている、NPO法人ら・し・さの高伊茂理事長に「エンディングノートで豊かな終活を」というテーマでお話いただきます。

 

NPO法人ら・し・さ

 

最後は、私が「障がいのある子どものために今からできる経済的準備」というテーマでお話します。

 

なお、イベントの詳しいことは、こちらをご覧ください。

001image

 

 

2014年5月12日 | カテゴリー :