介護旅行で、シニアの夢を実現する「トラベルヘルパー」の依光佳世さん

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベルヘルパーというお仕事

障がいのある人やご高齢の人が「自分の思い描く旅行」をできるかも?と聞いて皆さんはどんな感想を持たれるだろうか?

私こと石川は、地元の社会福祉協議会で知的障がいがある方や、やや認知能力に自信を無くした方の金銭管理の仕事をお手伝いしてきた(日常生活自立支援事業という国の事業である)のだが、その支援員さんでヘルパーを経験した方が、その利用者さんの旅行に同行して、移動支援をするのを、時々聞かされていた。

知的障がいがあるから旅行に行けないなんて、まさに「不条理」だと思うのだが、現実的に考えてみると、一人で旅行に行くのは難しい面もあり、このように介護ヘルパーを経験したことがある支援員が移動支援するのは心強いことだろう。

ただ、この支援員さんは旅行しやすいように一定の配慮やサポートをすることはできるとはいえ、ご本人の「希望や夢」を具体的に「旅行」として形にするのは専門ではないので、どなたか専門家がいないだろうかと考えていた。

そんな折、日常生活自立支援事業のとある利用者さんが自分のオリジナルな予定を「形にした」旅行をする依光佳世さんという人がいると聞き、このトラベルヘルパーという制度を知ったというわけである。

そこで今回は、高知県香美市で障がいのある方やシニアの方の旅行を、総合的にサポートしている依光佳世さんにお話しをお聞きした。

参考 トラベルヘルパーとは?

介護旅行を始めたきっかけは?

「私は旅行が大好きで、個人旅行から始め多くのツアーに参加していましたが、団体ツアーに参加していた時、シニアの方が、『歳を取ったから、そろそろ旅行は諦めんときついね』と話されているのを、時々耳にしていました」

「確かに考えてみると、歳をとると、身体が不自由になるし、もし介護される立場になったら、外出をあきらめるシニアの方もきっといるだろうと思いました」

「そこでシニアの方の旅行について興味をもち、新聞やネットで気にかけてみると、都会では介護旅行のこともある程度知られているとわかりましたが、この高知のような田舎では、この介護旅行の認知はまだまだだったんです」

「私は夫の家業を手伝っていましたが、こんな私でも、シニアの方や障がいのある方のご旅行のお手伝いが出来るのではと考え、介護旅行をするために起業することにしたのです」

この行動力はすごいと感心したのだが、もっとびっくりしたことがある。
実は依光さんの会社は普通のツアーも扱えるので、まずは一般的な旅行代理店を開業してから、事業が順調になった後に、介護旅行も手掛けることにしたのだろうと、私は勝手に思い込んでいた。

ところが実際は「介護旅行を取り扱いたかったから、旅行の仕事を始めた」とお聞きし、この介護旅行に対する熱意を感じたことである。

トラベルヘルパーの理念と、お客様の夢と

「起業してうれしかったことは、やはり直接感謝のお言葉をいただいた時でしょうか?」

「旅行を企画した時の話しですが、シニアの方のご意見を思い出して、せかせかとした日程でなく、少しゆっくりと時間をとるようにしてみました。そうしたら、身体の不自由な方もご参加してくださり、参加された人から『今までのように、余計な気兼ねをしなくていいので、本当に楽しい思い出ができました!』とご感想をいただきました。そのときは、心から、この仕事をしていてよかったと思いました」

会社を大きくしたい、とか、なるべく儲けたいと考えるのは、起業家としては当然のことだし、それを意識したからと責められることではない。
しかし大事なのは「いつまでも起業の理念を忘れない」ということではないだろうか?
その意味では、依光さんの介護旅行への熱い思いは、この会社を存続させていく動力源になっていると思うのである。
今後のことを聞いてみた。

「全国的にも、この介護旅行は珍しい取り組みだと思います。沢山の皆さんに元気になって頂く大切な取り組みとして、認識していただけるように頑張りたいと思います」

「そうすることで、シニアの方、障がいのある方が、旅行などの外出をあきらめることなく、行きたい場所に行くことができて、笑顔いっぱいになって欲しいと思うのです。それが私の喜びでも有りますから」

トラベルヘルパーの介護旅行で、シニアの方の思い出つくりをサポートしたい

最後にメッセージをいただいた。

「年齢を重ねる事により、身体能力が低下し身体状況の悪化など一人では外出が不安となるのは事実です」

「シニアの方・障がいのある方でも、旅行に出掛ける為にリハビリに励む方や、旅行に行かれた事により元気になられた方、旅行を生きがいにされている方など、たくさんの方がいらっしゃるのです」

「家から、一歩お外へ出られる事もまた、小さな旅だと思うのです。旅は最高のリハビリ(SPI引用)。シニアの方や障がいのある方、『介護付きサポート旅(バリアフリーの旅)』に一歩ふみだしてみませんか?」

このような介護経験のある有資格者に、あなたのための「オリジナル旅行」を企画・実行していただくことで、旅行をあきらめていた人たちに笑顔が戻るのではないか、と依光佳世さんのお話をお聞きして思った。(石川智)

会社概要
シースカイ・サポートトラベル 依光佳世(担当)090-3189-9553
7820051 高知県香美市土佐山田町楠目446-2 依光瓦工業有限会社 旅行部門
高知県知事登録旅行業3-117 認定トラベルヘルパー(外出支援専門員)

DSC_0357

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です