生命保険のこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険は、そもそも無駄な「保障」無駄な「保険料」など、無駄が生まれやすい環境にある

世間では「もっともムダが多い固定費用」と言われている生命保険の保険料。

では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

まず考えられるのは「生命保険のために支払うお金の大事さ」が理解されていないことが原因だと思います。

その結果「生命保険の保険料=ガソリン代」のようにイメージしてしまい、保険にかかるお金なんて「自分ではコントロールできない分野の支出」だと思い込んでいる人が多いことからもわかります。

ここで問題になるのは「保険料の適正料金」については、ぼわーとしか解っていないにもかかわらず、それについて知ろうとすることもなく、ほったらかしになってしまっているということです。

生命保険に無関心な人は、あなたのご家族をほったらかしている人

では、なぜほったらかしにしているかというと、これが次の問題点になりますが「どんな保険に加入したらいいのか?」「その結果選んだ保険料が高いか安いかがわからない」し、「保険料が多少変わったぐらいで家計にはあんまり影響なんかないよ」という無関心になりやすいということです。

こんな究極のほったらかしが起こってしまう原因は「保険に関する知識がユーザーにもなく、また、保険を勧める側にもない、または説明する気がない」という如何ともしがたい現実によります。

こんな感じで皆さんいいですか?

そんなにお金が余っていますか?

生命保険にかけている「無駄な保険料」をもっと「大事な人」や「大事なこと」に使えるのに、それをあなたは放棄しているといえないでしょうか?

では、どうすれば生命保険に「きちんと」加入できるのだろうか?

答えは簡単です。

生命保険のことに「今までよりも少しだけ興味を持つ」というシンプルな事です。

私が書いている記事を時々読んでいただくだけでも、あなたの「生命保険」に対する考え方は洗練されてきます。

私は、このホームページで、保険のことをとりあえず語りつくしますので、難しい話に頭を抱えるかもしれませんが、少しずつ読んでみてくださいね。

そして「保険代がこんなに安くなって、初めて気が晴れた!」という日が、多くの人に来て欲しいと思います。

そして、いよいよ行動に移したくなったら、こちらからどうぞ

保険のことお話します

2016年3月17日
高知の現役世代の皆さんへ~あなたの夢をかなえるための「お金の勉強会」~のお知らせ
2016年3月11日
高知県に住むあなたへ マイナス金利の今、住宅ローンの借り換えキャンペーン!
2015年12月19日
障害のあるお子さんがいるご家庭への生命保険活用法セミナー(保険会社・代理店向け)
2015年10月18日
高齢者のお金の不安を知るべき人は、お子さんやお孫さんです!
2015年10月6日
進撃の巨人から考える、ライフプラン実現のヒント