サービスと料金

このエントリーをはてなブックマークに追加

お約束します。「あなたのための」ファイナンシャルプランナーとして有料サービスをご提供します!

「顧客のことを第一に考えた」サービスが提供されるべきですし、FP協会がファイナンシャルプランナーに求めているのはそういう質の高いサービスと、公平な立場からのアドバイスです。

しかし、金融商品の販売を主目的としてしまうと、その理念は揺らいでしまいます。

そんな揺らいだ理念から提供される「無料相談」に、あなたの大事なライフプランを託されますか?

例え保険相談であっても、「無料」と「有料」のサービスの違いは、数千円以上に違うこともありえます。

ですから、私は「職業」として、あえて有料相談をご提供しています。

そこにこそ、独立系ファイナンシャルプランナーである価値や意義があるからです。

お客様のためだけに仕事をできる、という。

無料相談がまずついています

そうは言っても、有料相談のハードルは高いものです。広く知られているとは言えませんし、お金を支払う価値があるのかなぁと思われるのは無理もありません。

ですから、とりあえず初回30分~60分の無料相談の機会を設けています。

  • 各サービスを受けようとされたとき
  • どれを選んだらいいかわからないとき
  • 有料相談に踏み切る一歩が足りないとき
この無料相談で最終的な意思確認いたしますので、ご安心ください。

サービスの種類

総合相談・パックサービス(12,000円 年間もしくは融資実行までの継続フォロー) 個別相談(時間制)

私が「家計の専門家」としてご提供するサービスは、ご相談者様に何かを販売するために行うサービスではありません。

つまり「サービスそのものをご提供して、問題を解決する」ことを目標としていて、その目標実現のために「保険を加入しなおす」「住宅ローンを借り替える」だけです。

保険を販売するために金融機関が行う「住宅ローン無料相談会」や「FP無料保険相談」などとは違うということです。

「何が、どう、違うんですか?」というと、先ほど例に挙げた「無料○○相談会」の類は、お客様の立場では無料で「保険や住宅ローンのことを聞きに行くだけ」と思って利用しても、相談を受ける側はその先にあることをするための「単なる入り口」でしかないのです。

言い換えると「無料相談」「金融商品などを売るための」ツールに過ぎないということです。

実はこの部分が一番大事なポイントです。

無料相談の限界と有料相談のこと

保険相談を例に取りましょう。

「今の保険料は高いから、安く出来ないですか?無駄をなくしたいんです!」と相談したとします。

私ならば、お客様にいくつか「可能性」を提示します。

例えば

「終身保険をお葬式代に、と言いますが、お葬式の費用は必ず保険で賄いたいですか?」

「医療保険は、補償が手厚いサラリーマンは、5,000円支払われる保険商品で良いのではないですか?」

「貯蓄もあり、共働きですし、お子様も高校生ですから、掛け捨ての保険は要らない、または、短めの保障期間でよくないですか?」

「学費は貯蓄でカバーできてますから、あえて学資保険に入る必要はないのでは?」

などという感じです。

こんなことをアドバイスするとどうなりますか?お客様に沢山の保険商品は販売できませんよね。

つまり、金融商品を販売する事が目的となっている金融機関では、こんなことを言う人間は「ダメなアドバイスをする人」となります。

一方、金融機関にとって有益な人は、無料相談から保険販売につなげるために

「こんな商品を組み合わせれば、今よりも保障が増えて、さらに保険料もさがります」

とあなたに「保険に加入する事」が前提のアドバイスをするはずです。

なぜならば、あくまでも保険販売がこの人の仕事だからです。

あなたは、FPからどちらのアドバイスを受けたいですか?

どちらのアドバイスならば「無駄な保険料を払わずに済むでしょうか?

私は「有益なアドバイスをする」ことをお客様にお約束し、最適なマネープランを提案することを仕事にしています。そして、このアドバイスで「相談料」をいただいているのです。

これが「有料アドバイス」のご説明になります。

個別相談の相談料のご説明

上記の個別相談について、以下の料金とさせていただきます。

  • 初回相談(60分まで) 3,000円 この初回相談でご相談が解決できる場合は、3000円だけのお支払いで結構です。
  • 2回目~(60分まで) 5,000円 初回相談で解決まで至らない場合は、以後、5000円で継続してご相談をお受けします。
  • 5回目~(60分まで) 3000円 家計の負担を考慮して、長期間にわたるご相談になる場合は、5回目のご相談より、相談料を初回相談の料金まで引き下げます。
  • 保険や住宅ローンの契約事務手続きの場合は、相談料は無料とさせていただきます。
  • 高知県内の場合、交通費は無料とさせていただきます。

サービスのお申し込み方法

当事務所では、サービスのお申し込みを基本的にはメールフォームでお受けしていますが、中には直接確認してからという方もいらっしゃる事でしょう。

その場合は、

電話で私に確認していただく  090-9772-0733

メールフォームの、まずはご相談0円 

を選んでください。

いずれの場合でも、私からあなたにご連絡させていただき、どういうサービスを選んだら良いかを一緒に考えます。

 お金の相談は、ハードルが高いと思います。

しかし、そのハードルをまたいだ後は、あなたのお金に関する「漠然とした不安」はきっと解消されること思います。

まずは、第一歩を踏み出してみませんか?

ご提供するサービス

「家計のこと」「お金のこと」、何でもお答えします!

なんでも、聞けるサービスです

FPとしてお答えできる内容のことでしたら、即答もしくは、持ち帰り方式で、お答えします。

サービス料金は、初回3000円/60分2回目以降5,000円/60分です。

例えば、

  • 働き方や扶養に関する相談
  • 離婚する際のライフプランに関する相談
  • 相続や贈与に関する相談
  • 損害保険の選び方に関する相談
  • 教育資金に関する相談
  • 老後資金に関する相談
  • 資産管理や運用に関するご相談 など

なお、これらの相談は、数回の面談で解決できる場合はスポット相談であるこの「個別相談」で対応できますが、複数のご相談がある場合は、総合相談(年間サポート付き)がお得になりますので、そちらをご利用ください。

お申し込みは、こちらから

まだ保険相談で損しているの? 有料相談であなたはきっと得する!

保管見直し

生命保険に使っているあなたの「大事なお金」、そろそろその「お金」のことを真剣に考えてみませんか?

保険で損していないか、この記事を読んでみてください。

サービスの概要

このサービスは

  • 新しく保険に加入したい個人(法人)
  • 今の保険を見直したい個人(法人)
  • 保険の加入状況についてセカンドオピニオンが必要な個人(法人)

向けのサービスです。

まずは、あなたのご家庭や会社の状況(家族環境や福利厚生制度など)や今後のライフプラン・事業計画をお聞きします。

その上で

  • 必要と思われる経済的準備の概要を確かめる
  • それを現金でするか保険でするかを考えてみる

という手順で行います。

この結果から例えば

  1. 医療保険やがん保険の必要性
  2. 掛け捨ての死亡保障の必要性
  3. 学資保険の必要性
  4. 老後資金の準備の方法
  5. 相続対策や事業継承の準備の方法
  6. 法人保険と個人保険の相関性
  7. 社員の福利厚生制度の考え方
  8. 損害保険を適切にかけるためのヒント

などが、結果的にわかってしまいます。

そしてそこから導き出された生命保険や損害保険の「あるべきかけ方」から、保険料や保障内容で「間違った選択」をすることがなくなると思います。

それが私が皆さんにご提供できる「保険相談」となります。

サービスの進め方

まず、かんたんヒアリングシートをご記入いただきます(お申し込み時に送付、または最初に面談した時に手渡し、またはその場での記載など)この面談は無料面談とさせていただきます。

次に、そのシートを元に、いくつかの大事なポイントを直接お聞きします。ここから有料面談となります。

それを一度持ち帰り、最適な「選び方」などを書いた、保険相談アドバイスシートをお渡して、ご説明します。

そして加入する場合の手続きと、解約時のアドバイスをして終了します。

基本的にはこの3回の面談で行います。

ご相依頼から完了まで、書類の不備が無ければ、通常は2回のご面談(初回は無料面談となります)で終わります。

その場合、個別相談料金は、初回面談3,000円/1時間+次回面談5000円/1時間合計8,000円となります。

また、新しく生命保険などを当事務所で切り替えする場合の面談は面談回数にはカウントしないというルールがありますので、8,000円以上のお支払いは通常はないと思います。

有料相談にためらう人へ

いかがですか、やっぱり保険ショップなどの無料相談がいいでしょうか?

よく考えていただきたいことがあります。それは「私は保険の販売をしなくても相談料をもらっている」という点です。

ですから、いるかどうかわからない保険商品や高額な保障や、余計な特約などをあなたに販売することに執着しなくてもいいわけです。

無料相談で「サービス提供者が働く」ということは、そこに必ず賃金などが発生することを意味します。

当然ですが、それは保険を販売して回収するのが保険ショップや代理店の「考え方」です。

だからよく聞く

「保険の見直しの相談行ったら、逆にてんこ盛りの保障を勧められた」

という事態が起こるのです。

あなたは、

  • 私のサービスに数千円を一時支払う
  • 毎月2,000円の余計な保険料を10年間(合計24万円)支払う

のどちらを選びますか?どちらがあなたにメリットがあるでしょうか?

8,000円>24万円の価値がある

有料相談の価値にあなたがお気付きになりましたら、ぜひとも当事務所のサービスをご利用ください。

あなたが保険で損することにならないアドバイスをさせていただきます。

お申し込みは、こちらのフォームからどうぞ。

 

ライフプランから考える「住宅ローンアドバイス」~新規申し込み・借り換え

住宅ローン相談は「総合相談」でお受けします

住宅ローンの選択方法などの単純なご質問は、個別相談をご利用ください。

一般的にはキャッシュフロー表を作成して、比較検討しないと、あなたに最適なローン商品をご案内できないと思いますので

  • これから新規で借りる方
  • 今のローン返済額を減らしたいという方

にこのサービスをお勧めします。

サービスの進め方

あなたが住宅ローンを支払い続ける事で、どのような貯金の減り具合になるのか、また、借り換えすればどれくらい家計の状態が良くなるかを「具体的に表した」キャッシュフロー表もおつくりして、お渡しします。

ただお金を借りるだけでしたら、銀行で全て済むかと思いますが、少しでも家計が圧迫するのを予防したい、改善したい、ローン選びで痛い目に会いたくないという賢明なあなたのお力になりますので、ご安心ください。

また、一般的には、住宅購入の際は、家計見直しのいい機会でもあり、一気に全ての支出をシェイプアップすることをお勧めします。

そうすることで、住宅購入の予算の組み立てに無理が生じなくなったり、住宅ローンを支払う心理的な負担感が軽減され、気持ちに余裕が生まれるかと思います。

それゆえに、総合相談で総合的に考えることを強くお勧めしています。

失敗しないローン選びとは?

住宅ローンの相談を「家を販売するところ」や「特定の金融機関」にだけ相談すると、あなたは、ごく狭い情報しか手に入りません。

なぜなら、そういう方の本職は「家を販売すること」や「お金をかすこと」だからです。

  • どんなローンの組み方をしたら、家計に無理がいかないか?
  • 「払えるローン」で30年間払い続けると、他のライフプランはどうなるのか?
  • 無理のないローンを組んでも、十分納得のいく家つくりができるか?

このような疑問に、私は、余計な思惑が入らない状態でアドバイスできます。

なぜなら、私は家を売る側でもなく、お金を貸す側でもないからです。

住宅購入は、人生の一大イベントであると同時に、安易に高額なローンを組んでしまう「またとない機会」でもあります。

家を買うことだけがあなたの人生ならば、少々家計に問題が生まれてもいいでしょう。

しかし、同時に、家族で楽しむイベントごとや、老後の資金準備や、教育費の積み立ても同時にしたいならば、冷静に住宅購入を考えて欲しいと思います。

サービスの進め方

まずは、無料相談一回分をご提供します。

そこで、このサービスが合っているのか、それとも個別相談でいいのかをご確認ください。

その結果、当事務所の総合相談を受けたいと思われましたら、サービスを開始します。

まず、ヒアリングシートをお渡ししますので、それをご記入ください。

その時に、現在のローンがある場合は償還予定表をご持参頂き、キャッシュフロー表の作成にかかります。

次は、そのフロー表をもとに、どういうローンを選んだ方がいいのか、どう借り替えた方がいいのかをアドバイスいたします。

その後、借り換えや新規申し込みが済むまで、追加料金なしで、ご質問をお受けし、アドバイスをいたします。

このサービスは総合相談の一つとなりますので、総合相談のサービス料12,000円がお支払いいただく料金となります。

サービスのお申し込みはこちらから

 

なお、当事務所で当事務所取り扱いのフラット35への「借り換え」をご希望される方は、こちらのサービスをご利用いただけますと、料金面でお得かと思います。

 

ライフプラン実現のための総合相談サービス

こんなあなたのお役に立てます

  • 家庭を持つことになり、これからの「夢実現」のために家計のことを勉強したい
  • 住宅ローンを組むことになり、家計の見直しをしたい
  • 生命保険の見直しだけでなく、家計全般を遠くまで見通して、将来のための貯蓄計画をたてたい
  • 移住を決意したれども、家計がうまくいくかどうか心配
  • 子どもの教育費のことをきっかけに、家計とライフプランを考えたい
  • 退職することを前提とした「将来への貯蓄計画」を立てたい
  • そのほか、お金のことやライフプランのことを考えるきっかけがあり、今までとは違う家計を作り上げたい

いろんなことを何とかしないと! という現役世代のあなたへ

一年間の継続フォロー・相談回数無制限・キャッシュフロー表無料作成付きで、12,000円のサービス料金となります。

なお、このサービスは、四国内限定のサービスとなります(高知以外3県には出張料が必要です)

家計を見直したい、今後のライフプランを考えたい、というご要望が寄せられた場合、一般的なFPサービスの場合、1時間5000円~10,000円の個別相談を複数回受けて、キャッシュフロー表でも確認してみたいというと追加で10,000円以上のお金を支払うというやり方が一般的です。

そういう「サービスの積み重ね」は、ご相談をお引き受けするファイナンシャルプランナーにとっては、サービス販売の視点だはありがたいのですが、ご相談をする側に立つと

  1. いったい何回相談しないと、家計の不安を解消できないのか?
  2. いったい幾らぐらいの料金があかかるのか?

がわかりずらく、その「不鮮明さ」がファイナンシャルプランナーのサービスを「受けにくく」しているのではないだろうか、と前々から感じていました。

 

ですから、もっと分かりやすいサービスを!

もっと全体を見通すようなアドバイスを、料金や回数を気にすることなくできるように、という想いから、この低価格のいわば「年間契約」を作りました。

皆さんには、思い切って、色んなご相談やご不安を、家計の専門家のファイナンシャルプランナーにど~んとぶつけて欲しいと思います。

これにより、敷居が高いと言われている「有料サービス」が身近に、手軽になるのではないでしょうか?

  • 家計の不安があるが、どこに問題があるかどうかわからない
  • 保険代理店で保険だけを見直してみたが、家計の状態が良くなっていない気がする
  • 一人で考えずに、第三者(ファイナンシャルプランナー)を交えて、家族で家計のことを考えたい
  • 時間や料金を気にしながら相談するのが好きではない
  • あわてて家計相談をするのではなく、自分の都合に合わせて、納得のいくまで相談したい

そんな方には、落ち着いてご相談できる、ベストな家計相談サービスかと思います。

 

進め方など

まずは、無料相談一回分をご提供します。

そこで、この総合的サービスが合っているのか、それとも個別相談で解決できそうかどうか、ご確認ください。

その結果、総合的なサービスが良いという結論になりましたら、ヒアリングシートをご記入いただきます。

お持ち帰り頂き(郵送でもOK)、ご家族でよく確かめながら、現状をシートにご記入ください。

次の面談時には、このシートと、保険証券全て、ローンの償還予定表、年金定期便など全てをお持ちください。

そこから今後の「家計のあり方」と「貯蓄の移り変わり」をキャッシュフロー表として作成します。

その後は、このシートを確認して、保険見直し、住宅ローンの件、今後の働き方、教育費のこと、老後資金の準備などをトータルでご説明し、見直しなどのサポートをします。

それら全てを実行支援するのがこのサービスです。

そして、一年間はこのサービスの追加相談を、追加料金なしでお受けいたします。

  • 面倒くさい事が大嫌いなあなた
  • 時間の節約をしたいあなた
  • どこからどう手をつけていいかわからないあなた

そういう皆さんにはこのサービスを是非ともお受けいただきたいと思います。

お申し込みはこちらから

 

障がいのあるあなたのための「お金のそうだんまどくち」

「しょうがいがあっても、いきいきとくらしたい」

これは皆さんのもくひょうでもあり、おやごさんや支援者のもくひょうでもあります。

  • 一人で生活してみたい
  • けっこんして、いっしょにくらしたい
  • ちょきんをして、お金をふやしたい

そういうあなたのために、お金のことを、いっしょにかんがえます。

まずは、おはなしをきかせてください。

それから、いっしょに、あなたのためにできることをおはなしします。

ここに申し込み用紙がありますので、クリックしてとりだしてください

お金のせんもんか いしかわさとし

こんにちは、私はファイナンシャルプランナーの石川と申します。

一般的な「お金や家計」のご相談をお受けすると同時に、障がいのあるお子さんがいる親御さんの「親亡き後」の講演会などを開いてきました。また、支援される方たちと話し合いながら、障害のある当事者の将来設計を考えたりしてきました。

そんななか、最近考え始めた事に、

「障害のある当事者の想いを少しでも取り入れた、将来設計を提案できないだろうか?」

ということがあります。

「障害があるからそんなことを考えるのは難しい」

「支援者たちが、しっかりしないといけない」

と考えることは理解できます。

しかし、それだけでいいのだろうか?、とここ数ヶ月思い続けてきました。

そこで、難しいかもしれませんが、「障害のある当事者のお金の支援」に取り組んでみることにしました。

それが、このサービスです。

サービスの概要

  • 本人の希望や価値観をお聞きして、これからどういう生き方がしたいのかを、できるかぎりヒアリングします
  • それに基いた生活をしてみて、収入と支出・貯蓄が、いきいきと暮らせるような状態になるかを、シミュレーションします
  • その結果、必要な対策を考え、提案します
  • その提案を実行するために、皆で「本人のライフプラン」を共有していただき、現在の支援状況で十分か?、他に必要な支援が無いかを探します
  • そして、実行します
  • その後、プランが実行できているかどうかを、定期的にヒアリングします

サービスの進め方

まずは、こちらから「お金のそうだんまどくち」をお選びください。

次に、どこで、いつお話をお聞きするかを決めます。

高知市内のカフェ「サードプレイスすろー」が落ち着いて話せるので、お勧めです。

サードプレイスすろーの記事をこちらに書いていますので、どんな場所か参考にしてください。

そして、ご指定の場所で、ご指定の日時に、ご面談して、現在の本人の状況をお聞きします。

その後に「本人だけのサービス」でいいか「親御さんのことも含めたサービス」にするかを決定して、そのサービスの料金をお支払いいただきます。

そこから、サービスを開始します。

対象になる当事者

  • 親御さんの元から離れて暮らすケース
  • グループホームや施設で暮らしているが、本人から「自立」に向けた希望があるケース
  • 結婚など、家庭を持つことになり、今後の収支に気をつけないといけないケース
  • 本人が「お金の勉強をしたい」と考えているケース
  • 障害の種類は問いませんが、自立に向けた提案になりますので、そういう状況になる人、なりそうな人向けのサービスだと思います

料金など

  • 当事者からの申し出の場合は、お一人あたり3,000円のサービス料金となります
  • 親御さんの家計相談や、相続相談の延長にある場合は、サービスパックの料金で行います

最後に

私は、これからも障害者支援に、ファイナンシャルプランナーとして取り組んでまいります。

その想いは、私の子どもが支援学級に行っていることと無関係ではありません。

自分の子どもが将来の「親亡き後」の状態と向き合う事になった時に、少しでも一人で生きていけるようになっていて欲しい、という気持ちがこの取り組みに影響を与えている事は間違いありません。

これからも、障害のある当事者の方はもちろん、その親御さんも楽しく、いきいきと、人生が送れるように支援を続けてまいります。

 

お申し込みはこちらから

 

障がいのあるお子さんがいる方への総合相談~親なき後にも備えよう

障がいのある人とご家族をお金の面からサポートします

このサービスは、発達障がいや知的障がい、精神障がいなどがある人のご家族が、不安に思っている

「本人の貯蓄残高の推移」

「親亡き後も子どもが無事に暮らせるための準備」

「相続時にきょうだいとの確執を生まないような資産わけのこと」

というようなことをどう解決するかを、いっしょに考えて、対策を提案して、その実行支援をするという内容になります。

これを、1年間のサポートつきで12,000円でご提供します。

 

このサービスがお役にたつ人

  • 障がいのある子どものために、どれくらい貯金をしたら良いかわからない
  • 障がいのある子どもが、成人になってからどういう働き方をしたら、将来のお金の不安がないか知りたい
  • 社会保障制度や福祉制度を考慮したうえで、障がいのあるこどものために保険で準備したい
  • きょうだいがいて、そのきょうだいとの「争続」にならないような対策を考えたい
  • 障がいのある子どもが自立するための「お金の使い方・貯め方」を真剣に考えたい

というような悩みや不安、疑問を持つ人には、十分な情報や、適切な対策を知ることができます。

また、支援者の皆さんにとって悩ましい

  • 「いつまで、どれくらいの収入が得られるような働き方を勧めればいいかわからない」
  • 「当人の貯金が少なくて、このままでいいか不安を感じる」
  • 「貯金が多すぎるが、どれくらいの支出までが許容範囲か知りたい」

というような、お金や家計などの知識がないと答え難いことにも対応ができます。

ご提供できる資料など

このサービスでいくつかご提供できる資料があります

  • 親御さんが今後、障害のある子どもを経済面で支え続けた場合の、親御さんの貯蓄残高の移り変わりの表(キャッシュフロー表といいます)
  • 障害のあるお子さんの、生涯の貯蓄残高の移り変わりを予想する表(キャッシュフロー表)
  • 親御さんの生命保険の保障の内訳の資料

これらを手にする事で、今まで漠然としていた「不安」や、説明が難しい「疑問」が解消されることを期待してください。

そして、今後も、ご家族が楽しく、お金の不安なく生活して欲しいと思います。

サービスの進め方

  • まずは、こちらからサービスをお申し込みください
  • 次に、面談場所と日時を決めます
  • その日時に、面談させていただき、現在の状態や、今後の希望などをお聞きします
  • その時に、収支を書く書類をお渡ししますので、それを埋めていただき、こちらに送っていただきます
  • それをもとに、キャッシュフロー表を作成し、生命保険などの保障の状態も確認して、資料を作成します
  • 次の面談で、貯蓄残高の現状とその将来予想をして、対策を明示します
  • また、相続に関する対策を提案して、ご確認頂き、そのたたき台でご納得いただけるかをお聞かせいただきます
  • さらに、修正を加えて提案書を作成し、実行支援に移っていきます
  • この件に関する継続フォローを一年間実施します

まずは、お申し込みください

こちらからお申し込みください。

 

また、障がい当事者のあなたが、ご自分のことだけをご依頼する場合は、こちらのサービスをお受けくださだい3,000円です)